硬いものも平気

看護師と患者

失った歯の機能を取り戻すことが出来る治療法として、近年急速に受ける人が増えている歯科治療の一つに「インプラント」があります。これは、歯を失った部分に人工の歯根を埋め込み、その上から歯冠を被せることにより、歯の機能を取り戻すことが出来るというものです。入れ歯やブリッジなどの従来の治療法と比べると、見た目も自然です。 インプラントは、口腔内の状態の良い人にとっては、非常に有効な治療法と言えますが、一方ではアゴの骨に十分な強度・厚みが無いという人は治療と受けることが出来ないとも言えます。 最近では、骨移植などを行う歯科医院も増えてきていますが、今後は失った骨を回復させる再生療法がインプラント治療でも重要になると考えられます。

インプラント治療の終了後、良い状態を保つためには定期的なメンテナンスが必要となります。インプラント周囲の炎症の有無や噛み合わせなどをチェックすることにより、長期にわたって良好な状態を保つことが出来ます。 歯科医院により多少の違いはありますが、メンテナンス期間の目安としては、治療後最初の1年間は3ヶ月に1回程度、2年目以降は1年に一回程度のメンテナンスが必要とされています。 歯ぎしりをする癖があるという場合には、それによりインプラントに負荷が掛かる可能性があります。歯を守るという意味でも、自身の歯に合ったマウスピースを使用するようにしましょう。マウスピースは、歯科医院で作ることが出来る場合もあるので、相談してみましょう。